人生の意味は自分で見つける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「そもそも我々が人生の
意味を問うてはいけません。
我々は人生に意味を問われて
いる立場であり、
我々が人生の答えを
出さなければならないのです。」

 

(ヴィクトール・フランクル 心理学者)

 

オーストリアの精神科医のヴィクトール・フランクルは、
ナチスドイツによって強制収容所に送られたことが
あります。

過酷な労働の中で、病に倒れ、餓死し、
ガス室での大量虐殺を待つ地獄の日々。

ヴィクトールは、ただ死を待つだけの絶望の
ただ中にあって、「精神を病んでいく人」
「希望を持ちながら日々をしっかり生きて
いる人」
の2通りが存在することに気づきます。

前者は、「生きていくことに、
何も期待が持てない」
と、
人生の意味を見失っていました。

それに対し後者は、「戦争が終わったら、
美味しいパンを焼いて人々を元気づけるのだ。」
「ここを出たら、音楽演奏で各地を旅して、
戦争に傷ついた人々の心を慰めるのだ。」
と、自分が生きるための理由を確固として持って
いました。

フランクルは言います。

「人生に何かを期待するのは間違いだ。
人生が我々に何を期待しているのかを
問いかけるのだ。」と。

あなたにもきっと、この世に生を受けた理由が
あるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    今世でやり遂げたいことが、この年齢になって、ようやくはっきりしてきました。遅くなりましたが、残りの人生はそれに力を尽くしたいと思います。

コメントを残す