運に好かれる人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何と多くの人が
財布の中身を考え、
他人の思惑を考え、
家庭を考えて、
つまらない人生に
甘んじてしまうことか。
くよくよ考える人間は、
初めから運に見放されており、
勇気なんて滑稽にしか思えず、
才能があっても活用されずに
終わるのだろう。
挙げ句の果ては、
不平不満の虜になるのが
オチである。

 

(ヘミングウェイ 作家)

 

上記のヘミングウェイの言葉の通りに生きれば、
まず間違いなく運に見放されます。

逆に、運を味方に付けたければ、
この言葉の反対の通りにやれば良い
ということになります。

運に好かれたければ、心の裡(うち)
「清々しさ」を携えて生きることです。

換言すれば、一つのことにガチガチに
執着し過ぎず、
恬淡(てんたん)として
無欲に生きるのです。

「何としても叶えてやる」と力むよりも、
「既に叶った」という確信の下、
自らを執着から解放します。

「叶っても良し」「叶わなくても良し」
というニュートラルなスタンスで、
淡々とやるべきことを積み上げていくという感覚です。

どんなに善行を積み重ねても、
そこに清々しさがなければ、
運気は落ちていく一方なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す