棚からぼた餅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつも何かを模索し、
何かを求め、手を差し伸べて
おかないと運は降りてこない。」

 

(伊集院静 小説家)

 

「労せずして成果を手に入れる」ことを
「棚からぼた餅」、略して「棚ぼた」と
呼びます。

しかし、私は基本的に「棚ぼた」は
存在しないと考えています。

次々と幸運に恵まれていく人は、
意識的・無意識的にかかわらず、
コツコツと「種まき」をしている
ものです。

それが、時節の訪れと共に開花して
「棚ぼた」となって現れているように
見えるだけです。

いわば、せっせと棚の上に積み上げておいた
「ぼた餅」が、忘れてきた頃に落ちてきている
のが「棚ぼた」と呼ばれる現象です。

だから、何も人生の「種まき」してこなかった人に、
「ぼた餅」が降ってくることだけは絶対にありません。

ここで銘記しておかなければならないのは、
「棚ぼた」は忘れた頃にやってくる
という事実です。

最初から「棚ぼた」を期待して、せせこましい努力を
しても何も起こりません。

まずは、人生の「種まき」を、
日々の歯磨きのように

習慣化することです。

そうして貯まったポイントが交換される
ことによって、「棚ぼた」が降ってくる
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す