男を見る目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「心優しくあたたかい
男性こそが、真に男らしい
頼りになる男性なのだと
気づくとき、たいていの女は
既に年老いてしまっている。

 

(池田理代子 漫画家

                   

 

「異性を見る目」の本質は、
好きという気持ちだけに流されず、
きちんと相手のことを見切ることができるか
どうかにかかっています。

 

相手の男性が、女性にだらしないと
薄々気づいていながら、見ないふりをして
すませる人。

相手の男性が、たびたびお金を
無心してくるにもかかわらず、
ついついお金を渡してしまう人。

 

「愛さえあれば何とかなるはず」と、
いくらのんきに構えていても、何ともなりません。

淡い期待は、永遠に裏切られ続けると
相場は決まっているのです。

ようやく長年連れ添ったダメンズに
三行半(みくだりはん)を突きつけた頃には、
哀しいかな、女としての市場価値も下がってしまっているのです。

女性にとって男選びは、進学や就活以上に
一生を左右する一大事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す