努力は別に偉くない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「努力したからと言って
胸を張るようなことは、
やっぱり好きじゃない。
努力そのものに価値が
あるとは、
やっぱり思えない。」

 

糸井重里 コピーライター)

 

純粋に努力だけで評価して
もらえるのは、
アマチュア
の間だけです。

戦いに敗れた球児たちが、甲子園の砂を
持ち帰る姿が絵になるのは、
彼らがアマチュアだからです。

しかし、これが日本シリーズに敗れた
プロ選手だとしたら、少しも絵にならない
どころか屈辱の極みです。

ぶっちゃけた話、血と汗を流すことには
何の価値もないのです。

世間から価値を認めてもらえるのは、
血と汗を流すことによって
生み出された結果だけ。

「これだけ頑張ったんだから、
努力を評価してほしい」
とふんぞり返るのは、
筋違いもはなはだしいのです。

私たちは、結果を求められるからこそ、
死にものぐるいで努力するのです。

努力だけで評価されるとなったら、
人は必ず「易きに流れ」ます。

取り組む姿勢に厳しさがなくなり、
生ぬるい努力でお茶を濁すように
なるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す