努力は万能じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『努力をしなさい』と
小さい頃から言われ続けて
います。
夢を持って努力をすれば、
それは必ず叶うのだ、と。
でも、人間はそんな可能性の
塊ではありません。
どんなに努力をしても、
必死になって頑張っても、
どうにもならないことがある。
物事が上手くいかない人に
対して、『上手くいかないのは、
君の努力が足りないからだ』と
責めてしまう。
努力しないからダメだという
その考え方が、本当にたくさんの
人を傷つけているように私は思う
のです。」

 

(山田太一 小説家)

                   

 

「努力すれば夢は叶う」と、子どもに教える人が
います。

しかし、それは夢が叶わなかったとしたら、
君の努力不足だよ」
と告げているのと同じことです。

だから、真面目で誠実な子どもほど、
夢が叶わなかったときに、

自分を責めて苦しみます。

実際は、その道における「才能不足」が
原因だったとしてもです。

本当は、「努力すれば夢が叶うかもしれない」
と、子どもに教えてやるべきでした。

「どんなに努力しても夢が叶わないとしたら、
そんな夢は忘れてもいいんだよ」

そう教えてくれる大人が1人でも周りにいれば、
「夢破れた子どもたちも、もっと救われるのに」
と思うと残念です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す