努力と才能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「勝利の鍵は、選手たちの
才能と彼らの真剣に
トレーニングに取り組む
意識の高さだ。
才能ある選手たちが、
死に物狂いでやっている。
それがなければ、
勝つことはできなかった。」

 

(ヨゼップ・グアルディオラ 元プロサッカー選手)

 

まず、努力だけではどうにもならない
という事実を銘記するのがスタートです。

いかに努力を積み重ねても、才能が備わっていなければ
そこそこにしかなりません。

スポーツの世界では、アスリートたちが
日々しのぎを削ってしますが、
才能の差は厳然としてそこに存在し、
決して埋まることはないのです。

しかし、才能があればすべてうまくいくかというと、
そういうわけでもありません。

才能の世界では、さらに厳しい競争が
待ち受けているからです。

持って生まれた才能をどこまで磨ききるかは、
ひとえに努力にかかっています。

どれほど生まれつきの才能に恵まれていても、
努力が甘すぎるために、鳴かず飛ばずに終わる
逸材は掃いて捨てるほどいます。

せっかく才能に恵まれたのなら、
死に物狂いの精進をしなければ、
本当にもったいないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す