社交辞令は口にしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「最近は、あまりに多くの
人たちが調子のいい話を
します。
大量の空約束。
ウソ。
山積みされる何の意味も
無い主張。
でも、真のリーダーたちは
違います。
約束は控えめにして、
期待以上のものを提供する。
寡黙な人々。
いざ話すとなると、彼らは
真実を語ります。
一目置かれる人たちは、
自分の言葉を保証書のように
大切に扱います。」 
 

 

(ロビン・シャーマ 弁護士)

                   

 

自分の願望実現力を高めようと思うなら、
「言行一致」に努めることです。

言行一致とは、読んで字のごとく
「言葉と行動を一致させること」です。

逆に言えば、「できないことは口に出さない」
ということ。

たとえば、久しぶりに会った人などに
「今度飲みに行こうよ」と軽々しく口にする
人がいます。

お互いに「社交辞令」のつもりで交わしている
軽い会話かもしれません。

でも、この積み重ねがあなたの言葉の価値を
軽くしてしまうのです。

願望実現力に長けた人は、一言の重みを
何よりも重んじます。

だから、決して軽々しい約束は口にしないし、
一度口に出したなら実現に向けて動き出します。

その姿勢が誠実さとなって人々に伝わり、
周囲から応援してもらえるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す