つまらない言い訳をしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「説明などするな。
味方であればあなたを
理解するし、敵であれば
あなたを信用しない。」

 

(エルバート・ハバード 教育者)

 

たとえば、遅刻したときに、
いかに道が混んでいたか、
クドクドと言い訳する人がいます。

しかし、どんな理由があろうと、
遅刻は遅刻です。

相手の貴重な時間を奪ったという
事実に、
変わりはないのです。

であれば、クドクドと言い訳を並べ立てず、
素直に謝ればいいのです。

というか、それ以外に方法はありません。

あなたを許すかどうかの決定権は、
相手が握っています。

丁寧にお詫びをして、それでも相手が
怒っていて許してくれないこともあり得ます。

それでも、相手のことを恨んでは
いけません。

そんなことをするのは、とんでもない筋違いです。

自分が犯した過ちを謙虚に認め、
今後の行動に活かしていけばいいのです。

いくら口先で殊勝なことを述べていても、
行動が改まらなかったら、何も反省していないのと
同じことです。

きちんと謝罪した上で反省を行動で示さない
限り、誰からも信用してもらえません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す