自分のことを決めつけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分で自分を決めつけない
ことです。
特に若いうちから
『自分はこういう人間だ』
などと決めつけるのは、
何とももったいないことです。
人はどんどん変わっていける。」

 

(阿川佐和子 小説家)

 

「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」
という言葉があります。

大成して功成り名遂げる人は、幼い頃より
才気煥発(さいきかんぱつ)である、という意味です。

確かにその通りではありますが、大成する人たちの
すべてが幼い頃から優秀であるとは限りません。

中には、学校教育になじめず、幼い頃は劣等生として
扱われた偉人も存在します。

もしも、彼らが「自分は他人に劣っている」と
決めつけたとしたら、後に大成し功成り名遂げることは
なかったはずです。

これを「他人事」ではなく、「自分事」として
とらえるべきです。

あなたは、自分のことを「自分はこういう人間だ」と
決めつけてはいないでしょうか。

人生は、あなた自身の「選択の連続」で
形づくられています。

「自分はこういう人間」と決めつけた人には、
そういう未来が待っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す