幸せを追いかけてはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「幸せは目標ではないし、
目標であってもならない。
そもそも目標であることも
できません。
幸せとは結果に過ぎない
のです。」

 

(ヴィクトール・フランクル 心理学者)

 

幸せとは蜃気楼のようなものです。

追いかければ追いかけるほど、
地平線の彼方へ遠ざかっていくのが
幸せというものだからです。

幸せをつかめない人には理由が
あります。

幸せをどこか外側にあるもの、
と仮定しているのです。

たとえば、ビジネスが上手くいって
金持ちになったら幸せになれる、
と考えている人がいるとします。

確かに、経済的にゆとりが出てくれば、
物質的にも精神的にも満たされます。

しかし、お金に余裕が出てきたら、
「もっともっと」と欲が出てくるのが
人間の性(さが)です。

しかし、この弱肉強食の競争社会において、
ピラミッドの頂点に立てるのは
常に1人だけです。

つまり、最終的には誰もが敗者になるように、
この世界のルールは
構築されているのです。

幸運にもあなたが頂点に立つ逸材だとしても、
いずれ王位から転落する日がやってきます。

外側に幸せを追い求める限り、
最終的には誰もが不幸になってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    幸せは自分で感じるものだと最近思うようになりました。ビジネスの成功は目指すけれど、目指している今も幸せだと感じています。まさに幸せは外ではなく内にありますね。

コメントを残す