正論だけでは人は動かぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「相手を説得するために、
正論など持ち出しては
いけない。
相手にどのような利益が
あるかを話すだけでいい。

 

(ベンジャミン・フランクリン 政治家)

 

どんな組織にも、アタマのいい切れ者なのに、
なぜか人望のない人というのがいるものです。

彼らの特徴は、舌鋒(ぜっぽう)鋭く
「正論」で人を追い詰めてしまうことです。

「正論」を言われた側は、
相手が正しいことは百も承知です。

しかし、アタマでは分かっていても、
心で納得することはできません。

むしろ、「正論」で責め立てられるほどに、
反発心を強めていってしまうのです。

なぜなら、人は理屈ではなく感情で
動いてしまう生き物だからです。

かの石田三成は、切れ者として豊臣秀吉に
愛されていましたが、同僚たちからは
忌み嫌われていました。

あまりに、「正論」で
物事を押し通そうとしたからです。

結果、徳川家康と雌雄(しゆう)を決した
関ヶ原の戦いでは、豊臣恩顧(おんこ)の大名たち
までもが家康側につく始末。

結局、天下分け目の大戦(おおいくさ)では、
「正論」は何の役にも立たなかったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す