好きなことは今すぐやれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きなことを続けていれば、
それが生きる力に変わって
いく。」

 

(角野栄子 翻訳家)

 

「退職したら○○に挑戦したい」と、
嬉々として語る人がいます。

でも、その人にとって、その「○○」は
たいして好きなことではないに違いあり
ません。

なぜなら、本当に好きなことなら周りから
反対されたとしても、隠れてやってしまう
からです。

室町時代の水墨画の画家である雪舟に、
こんなエピソードがあります。

少年時代の雪舟は禅寺の小坊主でしたが、
禅の修業をそっちのけで絵ばかり描いていました。

怒った住職は、雪舟を柱に縛り付け反省させます。

ところが、雪舟は床にこぼれた涙を使って足先で
鼠の絵を描いてしまうのです。

そのあまりの上手さに感心した住職は、
それ以来雪舟が絵を描くことを不問に付したそうです。

このように、人は本当に好きなことのためなら、
たとえどんな手を使ってでも
「抜け道」を見つけ出すものなのです。

もしも、雪舟が
「禅坊主を引退したら絵に挑戦したい」
考えていたとしたらどうでしょう。

後に雪舟の絵が博物館に収められることも
なかっただろうし、そもそも本気で絵を
描くことすらなかったに違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す