無理をしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「無駄な努力などしない。
無益な計画も立てない。
無謀な夢など持たない。
無理な行動などしない。」

 

(杉山弘道 経営コンサルタント)

 

私は常々「言語感覚」を磨くことは、
何より大事だと考えています。

なぜなら「言語感覚」が曖昧だと、
目の前の相手との意思疎通にも
齟齬(そご)が生じてしまう
危険性があるからです。

というより、世の中の人間関係の
トラブル
の多くは、それぞれの
「言語感覚」のズレに
端を発している
のではないか、とさえ思っています。

前置きはさておき、本題はここからです。

「努力すること」を「無理すること」だと
理解している人が、この世には
一定数存在するようです。

しかし、「努力」とは「努め励むこと」
であり、「無理」とは「道理に反すること」
です。

上記の二語の間には、本来何ら関連性はありません。

ところが、「努力すること」「無理すること」
だと認識している人は、「努力」という行為を
愛することができません。

だから「努力した人」は、
「イヤなことを頑張った偉い人」
というおかしな賞賛の仕方が
はびこるのです。

しかし、「努力」は本人が望んですることであり、
別に偉くも何ともないのです。

「努力」「無理」は似て非なるどころか、
全く別の意味の言葉なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す