自分にだけはウソをつくまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「君という人間は、
君の行為自体に眠っている。
君の行為こそ君なのだ。
もうそれ以外のところに
君はない。

 

(サン=テグジュペリ 作家)

 

人の評価を決めるのは、その「言葉」
ではなく、「行動」です。

いくら偉そうなことを言っていたとしても、
そこに行動が伴わなければ「無価値」です。

逆に、黙して何も語らなかったとしても、
その人が行動したことに「価値」が生まれます。

「有言実行」にせよ、「不言実行」にせよ、
その人が動いた部分だけが、評価の対象に
なってしまうのです。

なぜなら、人の本質は行動に表れてしまうものだからです。

人は、言葉では欺(あざむ)けても、
行動では欺(あざむ)くことはできません。

言行一致が、評価の対象になるのはそのためです。

言行を一致させるためには、「言葉」として
発したことを、愚直に「行動」で示す必要があります。

「誠」とは、「言葉」が「成る」と書くように、
誠実さとは言行一致に他なりません。

いくら、上辺だけの恭順(きょうじゅん)
で取り繕ってみても、真の誠実さとは
ほど遠いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す