違いをもたらす違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「成功しようと思えば、
何か他と劇的に違うことを
やらなければダメだ。」

 

(リチャード・ブランソン 冒険家・探検家)

 

ちょっと学生時代を思い出してみてください。

試験が始まる前、友だちに「勉強した?」と訊ねると、
ほとんどの友だちは「勉強してない」と答えた
はずです。

ところが、実際に蓋を開けてみると、
友人は好成績を収めていて、
「だまされた」とほぞを噛んだ
経験をお持ちの方も多いことでしょう。

「利害がからむ場面においては
誰も本当のことを教えてくれない」
という世の中の仕組みを、私たちはこうやって
経験から学んでいくのです。

さて、勉強に限らず周囲とは違う結果を
手にしている人は、何かしら周囲とは
違うことをしています。

もしもあなたが、
「自分の望む結果を手に入れたい」
と願うならば、
その「違いをもたらす違い」をこそ
見極める必要があるのです。

もちろん、あなたがライバルのところに
ノコノコ出かけて行って、
「成功の秘密を教えてくれ」
いくら頭を下げて頼んでみたところで、
まず相手にされることはないでしょう。

だから、「違いをもたらす違い」
自力で発掘するしかないのです。

では、どうやって発掘すればいいのでしょうか。

一番簡単で確実な方法は、
本を読むことです。

本であれば、あなたが望みさえすれば
古今東西の賢人たちが惜しみなく
その知恵を披露してくれるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す