士は己を知る者のために死す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間は、たとえ相手が
自分の一番関心のある目標に
導いてくれる指導者であっても、
自分の気持ちを理解してくれない
者にはついていかない。

 

(エイブラハム・リンカーン 米・元大統領)

 

中国の古い言葉に、
「士は己を知る者のために死す」
とあるように、人は自分のことを
理解してくれる者のためには、
命を投げ出すことさえもいとわない
時があります。

しかし、本当に大事なのは
「相手のことを理解する」
ことではありません。

こちらがいくら理解しているつもりでも、
それが相手に伝わらなければ、
「理解していないのと同じ」
見なされてしまうのです。

大事なのは、たとえウソでもいいから、
「あなたのことを理解していますよ」
という姿勢が相手に伝わることです。

そもそも、この地上に暮らす人間同士が、
100%分かり合えることなどあり得ません。

たとえ、相手の70%の部分は理解できないとしても、
たとえ30%でも「理解しようと努めている」
ことが相手に伝われば、十分です。

大事なのは、相手と100%理解し合うこと
ではありません。

たとえ、1%でも相手に歩み寄ろうとする
姿勢があるかどうか、ということに尽きるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す