甘え上手になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「甘えられる人は人を
甘えさせることができ、
甘えられない人は
人を甘えさせることも
できません。」

 

(小林正観 心理学者)

 

自分に厳しい人というのは、
甘えるのが下手な人だと言い換える
こともできます。

おそらく子ども時代のどこかの時点で、
「甘えることはダメなこと」
学習してしまい、
早々と大人になってしまったのだと思います。

しかし、人に甘えられない人は、
反面人を甘えさせられない人でも
あります。

これでは杓子定規で、四角四面な人間関係
しか築けません。

百歩譲って仕事の人間関係なら、
それでもいいのです。

むしろ仕事の人間関係では、
やることもやらずに甘えるだけの人というのは
ウザいだけです。

逆にプライベートでは、
上手に甘えることは人間関係の距離を
縮めることにもつながります。

要は「甘えるのはダメなこと」
という幼児期の刷り込みを
上手に手放して、もっと寛容さを
身に付けることが大事なのです。

人は「父性」「母性」「子ども性」の
三性をバランス良くもつことで、
人間的魅力が開花するのです。

いくつになっても、子どもの自分を
どこかに残している人が周囲から
かわいがられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す