天才の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「天才とは、絶え間なく
努力を続けられる人間の
ことである。」

 

(エルバート・ハバード 教育者)

 

天才とは、天から特別な才能を与えられた人
のことではありません。

天から与えられた特別な才能を、
来る日も来る日も磨き続けられる人。

それが天才の定義です。

もちろん、中にはそれほど努力もなしに、
天才として名を馳せる人間もいないことも
ありません。

しかし、そうした天才たちは神から
与えられた「才能」の代償として、
必ずと言っていいほど夭折(ようせつ)
します。

普通はどんなに才能を持って生まれついたとしても、
磨かなければ珠にはなりません。

それも並の努力では、いつまで経っても
「原石」のままです。

たとえ、あなたにどんなに才能が眠っていたとしても、
「原石」のままではメシは食えません。

天才とは、「原石」をたゆまぬ努力で
磨き上げ、きちんと世に出ることが
できた人のことを指すのです。

否、ただ世に出るだけでは不十分です。

その世界でプロとして認知され、
淡々とメシを食べ続けることが
できること。

それが、真の意味の「天才」です。

天才は天才で居続けるために、
死ぬまで珠を磨き続けなければ
ならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す