才能の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「結果なんてまったく
出ていなくても、
それでも自分の可能性を
信じ続けられることが才能。」

 

(千田琢哉 文筆家)

 

美しい女性は、誰に教えられなくとも、
自分が美人であることを自覚しています。

美しい女性は、「私って美人かしら」
悩んだりはしないものです。

仮に、自分になびかない男性がいても、
そのことで自分の美に対する自信がゆらぐことだけは
ありません。

同様に、才能のある人は、
誰に教えられなくとも自分の才能を自覚しています。

才能がある人は、「自分には才能があるだろうか」
などと、不安になったりしないものです。

仮に、世間的な評価が得られていないとしても、
そのことで自分の才能に対する自信がゆらぐことだけは
ありません。

換言すれば、「私って美人かしら」とか
「自分には才能があるのだろうか」と
悩む人には、「美」も「才能」も
備わっていないのです。

だから、自分の才能が信じられなくなったら、
サッサと人生の方向転換をすることです。

才能のない分野に時間を費やすのは、
人生の無駄遣い以外の何ものでも
ありません。

人生は、たった一度きりなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す