愚か者の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愚か者の第一段階は、
自分をよりよく見せようとする
ことである。
第二段階は、それを他人に
しゃべることである。
最終段階は、他人の考えを
バカにすることである。」

(ベンジャミン・フランクリン 物理学者)

                   

 

「自分をよりよく見せようとする」のは、
実に愚かなことです。

なぜなら、あなたの周囲にいる人々の
反感を買い、
いたずらに敵を増やすだけ
だからです。

「自分の手柄を吹聴して回る」のは、
それに輪をかけて愚かなことです。

なぜなら、よほど親しい友人や家族でも
ない限り、
人の自慢を喜んで聞いてくれる
物好きな人はいないから
です。

あなたが自慢すればするほど、周りの人間に
あなたを攻撃するための「陰口」のかっこうのネタを
提供するだけです。

「他人の考えをバカにする」のは、
極めつけに愚かなことです。

なぜなら、人は自分の「自己重要感」を
下げようとする
相手に対して、
例外なく憎しみを抱くものだからです。

それに、どれほど相手のことがバカに見えたとしても、
あなたより優れたところは必ず1個は見つかるものです。

そんなことにも気づけない自分自身の愚かさに、
まずは気づくべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す