資産の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「金持ち父さんの『資産』の
定義。
資産とは、あなたのポケットに
お金を入れてくれるもののこと。
負債とは、あなたのポケットから
お金を奪っていくもののこと。」

 

(ロバート・キヨサキ 投資家)

 

一般に、資産と言えば、
「金銭」・「土地」・「建物」などの
財産のことを指します。

しかし、これらの資産があるからといって、
安泰とは言えません。

「金銭」は、使えば必ず目減りします。

また、「建物」には維持費がかかるし、
「土地」には固定資産税がかかります。

つまり、「金銭」・「土地」・「建物」は、
所有しているだけだと、あなたのポケットから
お金を奪う「負債」になってしまうのです。

では、あなたのポケットにお金を入れてくれる
「資産」
とは何か。

端的に言うと、「お金を稼ぐ力」のことです。

たとえ焼け野原に放り出されても、
裸一貫で復活できるくらいの「生命力」こそが、
本当の意味の資産です。

そのためには、愚直に勉強して実力を蓄えることです。

頭という金庫に蓄えられた知恵は、
誰からも奪われることもなく、
無尽蔵にお金を生み出し続けるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す