死は等しく誰にもやってくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたには、消費している
時間が見えているだろうか?
生きるとは、死に向かって
時間の貯蓄を切り崩していく
ことである。」

 

(長野慶太 小説家)

 

ダラダラとスマホを眺めている時間。

下らないテレビを見て、笑い転げている
時間。

そんな当たり前の日常に、私たちは慣れきっています。

しかし、もしもあなたが重篤な病に冒され、
「もってあと3日だ」と医者から宣告されたとしたら
どうでしょうか。

恐らくあなたは、残された72時間を
無駄にしないように、文字通り「必死」
になって生きることでしょう。

愛する人と、できるだけ長い時を過ごそうと
する人。

自分のライフワークに、残された命のすべてを
注ぎ込もうと励む人。

いずれにしても、あなたは」「生産的」に
生きようと心がけるはずです。

間違っても、ダラダラとスマホに見入ることなどあり得ません。

くだらないテレビ番組がついていたら、サッサと消すはずです。

なぜなら、そうしている間にもあなたの「寿命」は
終わりに近づいているからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す