落ちるところまで落ちてみろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不運ばんざい!
運の女神に見放され、
この世の最低の境遇に
落ちたなら、
あともう残るは希望だけ、
不安の種もない。

 

(シェイクスピア 劇作家)

 

人生がどうしようもなく落ち目になってきたと感じたら、
トコトン落ちきってみるのも1つの手です。

なぜなら、宇宙は「陰と陽」の調和で
成り立っており、一方に傾きすぎた事象は
必ず反転するようになっているからです。

中国の易経には「太極」という考え方があり、
それをマークとして描いたのが「太極図」です。

白い勾玉は「陽」、黒い勾玉は「陰」
表しています。

二つの勾玉模様が絡み合っているこのマークは、
「陽が極まれば陰となり、陰が極まれば陽となる」
自然の摂理を表しています。

つまり、宇宙も人生も、トコトン落ちきってしまえば、
あとは上がるしかなくなってしまうのです。

「投獄・大病・倒産」は、人が大きく成長する
ための登竜門と言われていますが、
自然の摂理に照らしてみれば事実その通りです。

もちろん、ドカンと人生が落ち込んでから、
沈んだまま終わるか、不死鳥のごとく蘇るかどうかは、
その人の運の強さにかかっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す