批判のメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「行為する者にとって、
行為せざる者は
最も過酷な批判者である。

 

(福沢諭吉 教育者)

 

他人の批判に熱心な人は、間違いなく
「行動できない人」です。

なぜなら、批判することによって、
行動のために必要なエネルギー
発散してしまっているからです。

そもそも、自分がプレイヤーとして
活躍している人は、貴重なエネルギーを
他人の批判に費やそうとは思いません。

評論家になるのは、
「自分がプレイヤーになれない人」
と、相場が決まっているものです。

現役で活躍しているプレイヤーは、
自分を磨くことに余念がなく
正直他人にはほとんど関心がありません。

他人のことが気になって仕方がないのは、
それだけ暇人であることの証。

自分があまりにもヒマだから、頑
張っている人のアラが目について
仕方が無いのです。

だから、ついつい他人の批判だけに
エネルギーを費やす。

すると、ますます行動できなくなり、
「口先だけの人生」に突入してしまうのです。

この「負のスパイラル」から抜け出すには、
口をつぐんで愚直に行動を起こす以外にありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す