叱られるうちが花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『叱る』と『誉める』
というのは同意語だ。
情熱や愛情が無いと、
叱ってもただ怒られる
というとらえ方をする。

 

(野村克也 元プロ野球選手)

 

「叱ること」と「怒ること」は、
似て非なるものです。

前者には、1%以上の愛情がこもっており、
後者には、それがありません。

要は、相手の成長を願うのが「叱る」
という行為であるのに対し、

ただ感情をぶつけているだけなのが「怒る」
という行為です。

怒られるのはともかくとして、叱られなくなったら
終わりです。

なぜなら、「叱る」と「誉める」は、
どちらも、相手の成長を思って発せられる
行為だからです。

「こいつには見込みがある」と思えばこそ、
人は叱るのです。

「こいつには何を言ってもダメだ」
さじを投げられたら、叱ってもらえなくなります。

叱るという行為には、かなりのエネルギーを要します。

しかも、「相手から嫌われる」というリスクもあるのです。

やはり、それなりの相手でなければ叱る気にもなれないのが、
人情というものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す