創造性の種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「創造性というのは、
自分を信じることで
生まれるの。
自分の才能を信じて
あげなさい。」

 

(リタ・メイ・ブラウン 小説家)

                   

 

「創造性」と聞くと、特別な人に与えられた
能力のように感じてしまう人もいるかもしれません。

確かに、大観衆を熱狂させるようなパフォーマンスは、
凡人の遠く及ぶところではありません。

偉大な創作物を残すことができるのは、
やはり一握りの天才だけに限られます。

しかし、実のところ「創造性」の種は
誰の中にも宿っているのです。

ただ、自分の「内なる創造性」を信じているか
どうか
だけなのです。

「創造性」に対して敷居が高い人は、
「0から何かを生み出さなければならない」
という強迫観念があります。

そんな不毛なプレッシャーなど、
今すぐゴミ箱に捨ててください。

あなたに挑戦してみてほしいのは、
「1を2に変える」ための工夫です。

独自の視点で「既存のアイディア」と
向かい合い、1%でも何かを変えて
みるのです。

世界に新たな価値を生み出し続けているのは、
そうした名も無きアーティストたちなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す