リーダーの器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間には『徳の人』と
『才の人』とがある。
徳の人は大将の器。
才の人は補佐役になる
べきです。
リーダーとして地位が
高ければ高いほど、
技量的能力よりも徳の方を
要求されます。」

 

(田辺昇一 経営コンサルタント)

 

「才の人」とは、卓越した行動力で
実績を残すことができる人です。

こうした人は、上司にとって扱いやすく
現場において、なくてはならない人です。

しかし、ただ行動力が卓越しているだけでは、
リーダーとして組織を任せるわけにはいきません。

リーダーに出世するには、
上司に「コイツはバカじゃないな」と、
普段から感じさせておく必要があります。

一般に「徳」について、「良い行い」
「善行を積む」など、心の領域の話だと
認識されています。

しかし、「心」とは「頭脳の働き」を
別の呼び方で表現した言葉に過ぎません。

そう考えると、人は左右両脳を磨くことで、
優しさや温もりなどの心の豊かさも
獲得できることが分かるはずです。

すなわち、「徳の人」とは現場で磨き上げた
経験則に加え、幅広く深い教養を感じさせる人
のことを指しているのです。

教養があるからこそ、周囲を慮ることができて、
深い人間性で組織を引っ張っていくことが
できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す