恐怖と対峙する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「この世で一番知られて
いない秘密。
それは恐怖心に向かって
走れば、安全で有益な
何かが待っているという
ことだ。
恐怖心はそれから逃げれば
逃げるほど強まり、
向かっていくほど少なくなる。」

 

(スティーブ・チャンドラー 経営コンサルタント)

 

友だちも恋人もいなくて、休みの日はいつも
部屋で独りぼっちという人がいます。

彼らにとって、孤独は恐怖です。

寂しさに耐えきれず、
どうでもいい誰かと群がって
孤独の辛さを紛らわそうとします。

しかし、いくらそんなことをしても、
本質的な解決にはつながりません。

部屋に帰れば、いつものように
孤独な時間が待っているからです。

孤独の恐怖を超える方法は、
たった1つしかありません。

自ら孤独のど真ん中に、
飛び込んでいくことです。

孤独のど真ん中に飛び込むと、
そこには自分以外誰も存在しません。

だから必然的に自分と対話せざるを
得ないのです。

自分と対話すれば、自ずと内面を深く掘り下げる
ことになります。

だからこそ、新しい自分と出会い、
魅力的なあなたになって
生まれ変わることができるのです。

やがて独りをこよなく愛せるようになった頃、
その魅力を察知した人々がどっと集まってくる
ようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す