『自信』とは自分を信じること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「できる人は全員『自信』を
持っています。
『自信』と『傲慢』は違います。
『自信』とは、読んで字のごとく、
『自分を信じる』ことです。」

 

(マダム・ホー 投資家)

 

「成功するには自信を持つことが大事」
という人がいます。

しかし、自信がない人に「自信を持て」
というだけでは、何も本質的な解決になって
いません。

本人は自信を持ちたくても持てないから、
困っているのです。

自信とは読んで字のごとく、
「自らを信じる」と書きます。

つまり、自信が無いのは
「自らを信じられていない」
ということなのです。

では、自信がない人が自信を付けるには、
どうすればいいのでしょうか。

答えは簡単で、自分との約束を
愚直に守り通すことです。

たとえば、「毎日ブログを書く」と決めたら、
何があろうと書き続けるのです。

たとえ、どんなにネタが見つからなくても、
何が何でもひねり出すことです。

それを半年、1年と続けていくと、あなた自身の
「あなたを見る目」が変わってきます。

自分のことを「こいつ意外と信用できるな」
と思えるようになってきたら、
しめたものです。

あなたの中に、目には見えない「自信の種」が
芽吹き始め、やがて「太い幹」へと成長して
いくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す