一点集中力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「天才というのは、
何かに特に優れている人間を
指す。
だが、天才は必ずしも全てに
おいて優れている必要はない。
ある分野では特別な能力を
持っているが、
他の分野では人並みというのが
普通だ。」

 

(ロバート・キヨサキ 投資家)

 

「器用貧乏」という言葉があります。

何でもそつなくこなすけれど、
すべてにおいて80点程度の能力に
留まる人のことです。

いわゆる学校秀才にこのタイプが多く、
周りからは「便利屋」として重宝されます。

それに対して、他の能力は70点程度で
パッとしないのに、1つだけぶっちぎりで
100点を獲得してしまう人がいます。

そのたった1つの分野に特化して、「一点集中」
能力を磨き上げるとどうなるか。

「他の追随を許さない」ほどのレベルに到達して、
突き抜けてしまいます。

このように突き抜けた人のことを、
世間では「天才」と呼んでいるに過ぎません。

天才は、秀才とは似て非なる存在です。

なぜなら、秀才の「代わり」はいくらでも
存在するけど、

天才は「唯一無二」の存在だからです。

平均80点が評価されるのは、お子様の世界だけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す