仕事の愚痴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事の愚痴はこぼしてよい。
こぼして解消すればなおよい。
しかし、際限なく愚痴をこぼす
人間は、仕事が全くできないか、
ほとんどしない者と見ていい。
その愚痴の多くは、責任転嫁の
言で終始している。」

 

(志茂田景樹 小説家)

 

世の中の不条理や、組織の理不尽さに嫌気が差して、
愚痴をこぼすのはかまいません。

しかし、問題なのは、「愚痴には中毒性がある」
ということです。

居酒屋で催される愚痴・悪口大会のレギュラーメンバー入り
が確定してしまったら、人生はお先真っ暗です。

なぜなら、マジメに努力するよりも、
グラスを傾けながら誰かをこき下ろしている方が
ラクだからです。

人の悪口ばかり言っているので性格と人相が
悪くなり、アタマも使わないので能力も衰えて
いきます。

まさに、組織にとっては「お荷物」以外の何物
でもなくなってしまうのです。

適量のお酒が健康を促進してくれるように、
適度の愚痴はストレス解消に役立ちます。

しかし、お酒の飲み過ぎで身体を壊すように、
際限なく愚痴をこぼしていると、
人生がどうしようもなく落ちぶれてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す