手持ちのカードで勝負しろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人は良いカードを
どれだけ揃えられるかでは
ありません。
手持ちのカードを使って
何ができるかです。」

 

(ロバート・ルイス・スティーブンソン 小説家)

                   

 

人生の手持ちのカードは、あなたがこの世に
生まれ落ちたときに決まっています。

家柄、容姿、能力、才能・・・。

これらは、「持たざる者」がどんなに渇望しても、
決して手に入れることのできないものです。

では、良いカードを生まれつき「持ち合わせた者」
だけが美味しい思いをするのでしょうか。

その通りであるとも言えるし、そうでないとも言えます。

なぜなら、家柄、容姿、能力、才能を
持ち合わせたゆえに幸せになる人もいれば、
不幸のどん底に落ちぶれる人も必ず存在する
からです。

秀吉のように家柄に恵まれなくても、立身出世を果たす
人間もいます。

学校で落ちこぼれていても、会社の社長になって
バリバリ稼いでいる人もいます。

異性にモテているのは、必ずしもイケメンや美人だけとは
限りません。

どんなに手持ちのカードが貧弱でも、
その使い方次第では
いくらでも美味しい思いが
できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す