ベネフィットを伝えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「相手が求めているものを
提供し、自分が欲しいものを
手に入れる。
これがビジネスの原点だ。
そして、売る人と買う人双方に
メリットがないといけない。
物を売る側にとって重要なのは、
買う人にとってメリットを教えて
あげられるかどうかだよ。」

 

(泉正人 投資家)

 

あなたの商品が売れるかどうかは、
お客様にベネフィットが伝わっているか
どうかで決まります。

ベネフィットとは、その商品によって
「お客様にもたらされる良い変化」
のことです。

しかし、お客様にメリットしか伝えない売り手も
たくさんいます。

「商品のウリ」「商品の良さ」をいくら
伝えたところで、お客様は
「ぶっちゃけそれって何の役に立つの?」
と思うだけです。

たとえば、恋愛に置き換えて考えてみましょう。

意中の男子に振り向いてもらおうと思って、
「女磨き」に精を出す人がいます。

しかし、これでは単に「メリット」を
伝えているに過ぎません。

意中の男性のハートをゲットできる人は、
相手が求めているものをきちんと見極めます。

その上で、「私と付き合うとこんないいこと
があるよ」とさりげなくベネフィットを
伝えていくのです。

それで、意中の男性の食指が動けば「めでたしめでたし」
というわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す