運がいい人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いろいろな人を遊びの
場で見てきた。
思うのは、人生は不公平
だってこと。
若いときからずっと恵まれて
いる人もいる。
急上昇して急降下する人も
いる。
人生の後半にピークを迎える
人もいる。
ずっと恵まれない人もいる。
人生というゲームの勝ち負け
に一定の法則がないことは、
これを見てもあきらかだろう。
ただし、一つ言えることがある。
ずっと恵まれている人は
みな必ず努力していることだ。
例外なくね。」

 

(志村けん 司会者)

 

何か上手くいかなかったときに、「運が悪かった」
と言う人がいます。

自分が失敗した原因を「運のせい」に
しているのです。

こうした人は、間違いなく運に嫌われ、
運から見放されます。

だから、ますます運が悪くなり、やることなすこと
上手くいかなくなってしまうのです。

一方、運がいい人は、目先の出来事に
左右されません。

何か上手くいかないことがあったとしても、
敗因を分析して淡々と努力を続けます。

逆に、何かが上手くいったとしても、
そこで気を緩めることなく、さらに淡々と
努力を続けます。

だから、勝手に人生が上手く行く方向に
進んでいくのです。

三度の食事や呼吸と同じくらいに、
日々の努力が当たり前になれば、
人生が上手くいかない方がおかしいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す