逆境で出会う運命の1冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辛くて辛くてどうしようも
ないときに、救いの手を
さしのべてくれる書物に出会い、
吸い込まれるようにして読み切り、
そこから光明を見いだした経験を
持つ人は、読書に楽しみ以上の
何かを求めるようになる。
そうなると、読書は人生、
経営の道標になってくる
 

 

(米山稔 ヨネックス創業者)

                   

 

「涙と共にパンを食べた者でなければ、
本当の人生の味はわからない」
とは、
ゲーテの言葉です。

同じく、「涙と共に本を読んだ者でなければ、
本当の人生の味わいもわからない」
のです。

なぜなら、辛くて辛くてどうしようもない時に
「藁をもつかむ」ような思いで手にする
1冊こそが、「運命の本」だからです。

本から知恵を授かれる人とそうでない人の違いは、
「読解力」の差ではありません。

両者の違いを分けるのは、ひとえに「必死さ」だけです。

人間は基本的に怠け者なので、ギリギリまで追い込まれないと、
なかなか本気になれません。

極限まで感性が研ぎ澄まされるからこそ、
神様が行間にちりばめた人生のヒントにも
気づくことができるのです。

逆に、安穏と暮らしている人にとって、
読書はただの暇つぶしの娯楽でしかありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す