ブルーオーシャン戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「椅子取りゲーム社会を
生き残るには、
『競争に勝ち抜く』のではなく、
むしろ『競争しない』こと
の方が重要だ。」

 

(岩崎夏海 小説家)

 

血で血を洗うような激しい競争が
行われている市場を、経営学用語で
「レッドオーシャン」と呼びます。

レッドオーシャンとは、たとえるなら
人食いザメがウヨウヨ泳いでいる海のような
ものです。

まかり間違って、凡人が迷い込もうものなら、
生き残れる確率は「万に一つ」です。

それに対して、競争のない未開拓市場を、
経営学用語で「ブルーオーシャン」と
呼びます。

ブルーオーシャンとは、たとえるなら熱帯魚が
優雅に泳ぐ南海のリゾートのようなものです。

凡人がビジネスで勝利を収めようと思ったら、
「ブルーオーシャン戦略」以外あり得ません。

ブルーオーシャン戦略とは、ひたすら競争相手のいない
未開拓の市場を攻めることです。

ただし、すぐに真似されるような
ビジネスモデルだと、エサの臭いを
かぎつけたライバルたちに、
あっという間に市場を食い荒らされて
しまいます。

少しでも長くブルーオーシャンを
キープするためには、

いかに真似することが難しく、
参入困難であるとライバルたちに
思わせるのが
カギなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す