感謝するから病が治る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「病気が治った人の共通点は
『病気になってよかった』
と思った人。」

 

(小林正観 心理学者)

 

病気になったときに、
「どうして自分ばっかり」
と境遇を呪っている間は何も起こりません。

今できることに一步一步取り組みながら、
心と体の使い方を見直し、
生活を改善していく中で、
「自分にも至らないところがあったのだ」
と気づけたときに、病は快方へと向かいはじめる
のです。

そして「ああ、多くの気づきをもたらして
くれてありがたい」と意識が切り替わった
ときに、長いトンネルを抜け出すことが
できるのです。

これは人生の苦難についても、同じことが言えます。

「どうして自分ばっかり」と境遇を呪っている間は、
先の見えないトンネルの中にいます。

徐々に自分を振り返り、「自分にも至らないところが
あったのだ」と気づけたときに、打つべき手が見えてくる
のです。

そして「ああ、多くの気づきをもたらして
くれてありがたい」と意識が切り替わる頃に、
暗く長いトンネルを抜け出すのです。

病が治ったから感謝するのではありません。

意識が感謝に切り替わるから病が治るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    今日のお話は実感を伴って理解できます。
    母の病気がまさにそうでした。
    母の病気のおかげで私の人生も好転したと感じています。
    そう思えた時には、暗いトンネルを抜けていました。

コメントを残す