綺麗は汚い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある局面になると
ものすごく愚かなことが
できるというのが
人間なのです。
善悪二つのモノサシしか
持っていないと、
人間は非常に生きづらさを
感じるものなのです。
 
 

 

(吉本隆明 思想家)

                   

 

「綺麗は汚い。汚いは綺麗。」とは、
シェークスピアの戯曲「マクベス」に出てくる
魔女のセリフです。

 

「綺麗さ」「汚さ」を内包し、
「汚さ」「綺麗さ」を内包する。

一見相反する「綺麗」と「汚い」は、
分かち難く結びついている、という意味です。

 

万物は、常に二面性を有しており、
「白と黒」「善と悪」などのように、
絶対的な価値観で明確に区分できるものなどありません。

崇高な考え方の中には低俗さが潜み、
低俗な考え方の中にも崇高さが宿ります。

欠点のない人間が存在しないように、
長所が見つからない人間というのも存在しないのです。

 

「白か黒か」で割り切れるのは、
ルールブックや法律の世界だけです。

「白は黒で、黒は白」というのが、
まっとうで血の通った私たち人間の住む世界なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す