矢面に立つ勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人に背中から蹴られて
いるとしたら、
少なくともあなたは
人の前に立っている
ことになる。」

 

(ビリー・グラハム 牧師)

                   

 

リーダーになるための資質を1つ挙げろと
言われれば、それは
「矢面に立つ勇気があるかどうかだ」
と即答します。

ぶっちゃけ、リーダーになるために、
特別な才能など必要ありません。

腕力も、端正なルックスも、カリスマ性も不要です。

周りを自分よりも才能に溢れた人たちで
固めれば、彼らが代わりに仕事をこなして
くれるので万事解決です。

つまるところ、リーダーに求められるのは、
そんなちっぽけな役割ではないのです。

 

リーダーの役割とは、
「いざという時に逃げずに矢面に立つ」こと。

これに尽きます。

 

たったこれだけ?

そう、たったこれだけです。

 

怒号が飛び交い、普通の人なら
ブルって面(おもて)すら
上げられない場面でも、
堂々と前に立ち続ける勇気。

それこそが、リーダーに求められる
唯一にして無二の資質なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す