負けたあとの姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間の価値は、絶望的な敗北に
直面して、いかにふるまうかに
かかっている。」

 

(アーネスト・ヘミングウェイ 小説家)

 

人の本質は、勝ったときではなく負けたときにこそ
露呈されます。

「今日は、たまたま調子が悪かった」と言い訳に
終始する人。

ドンヨリと沈み込んで、周りまで暗くさせる人。

腐りきってしまい、投げやりになってしまう人。

負けたから、みじめな姿になっているのではありません。

その人の奥底に隠されていた「本当の姿」が、
敗北と共に露わになっただけに過ぎないのです。

一方、一敗地に塗(まみ)れてもなお、清々しさと美しさを
失わない人もいます。

決して、強がりや、やせ我慢を貫いているわけではありません。

普段から、美しく気高く生きているからこそ、
敗者として誇りを失わずにいられるのです。

換言すれば、やり切った末の敗北であれば、
清々しさを失わずにいられるということです。

しかし、後悔が残る負け方であれば、
そこにはみじめさしかありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す