目標と生命力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人は挑戦していないと
死んでしまう。」

 

(名越康文 コメンテーター)

 

先日とある音声コンテンツを聴いていて、面
白い話を耳にしました。

「勲章をもらうと、その人は
もうじき死んでしまう」
のだそうです。

その人の解説によると、
その仕組みはこうです。

勲章をもらい、功成り名遂げて
しまうと、人は自分の人生に
満足してしまう。

するとこの世で為すべきことも
無くなってしまう。

つまりそれは、生きる目的が
無くなるということを意味して
いる。

その結果として、生命力が衰え
寿命が尽きる。

だいたいこういう説明でした。

確かに年を取っても矍鑠としている人たちは、
きちんと自分の目標をもって生きている
割合が多いと感じます。

生きる目的が明確だからこそ、
生命力も賦活され生き生きと元気でいられる
のです。

ということは、いつまでも元気で
長生きしたければ、常に目標を
ストックして切らさないことです。

目標を追いかけ続けるのは、
体力も頭も使うので決して楽なことでは
ありません。

だからこそ、目標を追いかけ続けるだけの
バイタリティがある人が、そう簡単に
あの世に行くはずがないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す