知人と友人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「友だちに好かれよう
などと思わず、
友だちから孤立しても
いいと腹を決めて
自分を貫いていけば、
本当の意味でみんなに
喜ばれる人間になれる。」

 

(岡本太郎 書家)

 

小学生の頃、
「友だち100人できるかな」
という歌が嫌いでした。

シャイな私に強迫観念を突きつけて
くるような、
大人のいやらしさを感じたからです。

大人になった今、
その頃の直感を振り返ってみて、
間違ってはいなかったと
確信しています。

先日こんなことがありました。

大学で同窓だったとある女性が、
ある人に対して私のことを
「○○君は友だちだよ」
と言っていたのだそうです。

私はそのことを聞かされて、
はたと悩みました。

「彼女が私の友だち?
知り合いの間違いでは
なかろうか・・・」
と。

私の定義では、
顔を知っているとか、
立ち話をした程度の間柄なら
「知人」。
深くお互いのことを理解し合って
いる間柄が同性なら「友人」、
異性なら「恋人」です。

本当に友だちを100人作ろうと
思ったら、
100人の人生を深掘りして
いかなければなりません。

そんなことをしている暇が、
いったい誰にあるというの
でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す