挫折するなら若いうち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「才能のある若手にこそ、
挫折を経験させなければ
ならない

挫折はその選手を成長させる、
最大の良薬だからである。

 

(ヨハン・クライフ 元プロサッカー選手)

 

なぜ挫折を経験する必要があるかというと、
それは「人の痛み」を知るためです。

挫折を知らない人は、
本当の意味で人に優しくなれません。

それどころか、自分より格下の相手を
見つけ出しては平気で人を見下します。

換言すれば、挫折を知らない人間は
「愛を知らない」ということです。

愛を無くした人間からは、
人とお金がドンドン離れていきます。

だから、挫折はできるだけ
若いうちに
経験しておくべき
です。

それも、将来有望な才能ある人間にこそ、
挫折を味わわせなければいけません。

なぜなら、いかに優秀な人間でも、
挫折を知らずに人生を終えることは
不可能だからです。

中年期を迎えて、人生初の挫折を味わう人間は
悲惨です。

それまでの人生を、全否定されたような喪失感に
苛まれるからです。

挫折への免疫がなかったばかりに、
自分も周りも不幸にしながら
人生の最期を迎えてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す