七転び八起き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「成功者とは、失敗から
多くのことを学び取って、
新たに工夫した方法で、
再び問題に取り組む人間
のことである

 

デール・カーネギー 著述家)

 

成功者とは、人よりもたくさん
成功した人のことでありません。

どんなに優秀な人間でも、人生を
トータルで見れば、やはり失敗の数
の方が断トツに多いものです。

その失敗を「糧にできるかどうか」で、
人生の明暗がハッキリと分かれます。

失敗を糧にできるかどうかは、
たった1つの心がけにかかっています。

それは、敗因を他に求めない
ことです。

すなわち、自分以外に失敗の原因を
探さないということです。

失敗を糧にできる人間は、
常に敗因を自分に求めます。

二度と同じ失敗を繰り返さないために、
失敗の原因が何だったのか具体的に突き詰めます。

失敗から仮説を立てて、淡々と
検証を重ねながら、勝利を
つかみ取っていくのです。

同じ数だけ失敗を重ねても、最後に勝つ人間と
負けたまま終わる人間がいるのはなぜか。

それは、ひとえに負けた後の身の処し方1つ
にかかっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す