決心したことは必ずやり抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「例外を作ったらダメ
ですぞ。
今日はまあ疲れている
からとか、夕べはどうも
睡眠不足だったとか考えたら、
もうダメなんだ。」

 

(森信三 教育者)

 

あなたの周囲にも、1人や2人は妙に
「言葉に重みがある」人がいるはずです。

かと思えば、妙に空空しく「言葉が軽い」
人もいます。

あなたの「言葉の力」を支えているのは、
これまでの生き様です。

これまで言葉と行動を一致させてこなかった人は、
軽佻浮薄で人間も言葉も軽くなります。

逆に、言行一致を貫いて生きてきた人は、
一語一語の発する重みが、あきらかに
際立ってくるのです。

古来、日本には「言葉には力が宿る」という
考え方がありました。

いわゆる「言霊信仰」です。

言葉を適切に用いる人は、人生を望む
ように切り拓いていくことができます。

しかし、言葉に重みがない人は、悲しいかな
言霊に力がありません。

だから、願望を実現させることもできず、
他人の成功を羨むことになるのです。

それがイヤなら、自分で決心したことは
何が何でもやり抜くことです。

言行一致の生き方が板に付いてきた頃、
あなたの発する言葉に重みが備わって
いるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す