八方ふさがり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どんな困難な状況にあっても、
解決策は必ずある。
救いのない運命というものはない。
運命というのは、災難が起きれば、
必ず一方の扉を開いて、
救いの道を残してくれる。」

 

(セルバンテス 小説家)

 

苦況に立たされて打つ手がなくなる状態を指す、
「八方ふさがり」という言葉があります。

しかし、ことあなた自身の人生に対しては、
安易に「八方ふさがり」という言葉を
使うべきではありません。

なぜなら、「八方ふさがり」と口に出した瞬間に、
あなたの脳は解決策を探すのを諦めてしまう
からです。

換言すれば、「八方ふさがり」と口にするのは、
自分の人生に終止符を打つ行為です。

なぜなら、法律に抜け道が存在するように、
あなたの人生の問題にも必ず抜け道が存在するからです。

それを、抜け目なく見つけ出すのが「生きる」
ということです。

もちろん、抱えている問題があまりに大きく
手に負えないと感じるときもあることでしょう。

それで心身を病んでしまうくらいだったら、
戦わずに思い切って逃げてしまうことです。

法律にも破産宣告が認められているように、
あなたの人生にもリセットボタンがあることを
忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す