アゲマン論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不安だとか、みじめったらしい
ことを言うのは、もう無しに
しよう。
その気になれば、いくらだって
余裕たっぷりの人生を歩んで
いける。
たとえ現在、すごく厳しい
生活をしている人であっても、
自分の意志と意欲でもって
人生は変えていけ
る。」

 

(澤上篤人 投資家)

 

作家の中谷彰宏氏が、アゲマンについて
面白いことを語っていました。

「アゲマンは、人生のどこかで
どん底を経験する。
その経験をきちんと受け止め、
自分の血肉とできる。」

「サゲマンは、どん底を経験する
ことすらできない。
もし、どん底を経験するチャンスが
巡ってきても、逃げることしか
考えない。」

アゲマンとは、運気が高くトラブルにも
遭わない人間のことではありません。

トラブルの中で人格を鍛え、成長しながら
生きる道を選択する人のことをアゲマンと
呼ぶのです。

一方、平穏無事に暮らすことを願い、
トラブルから
逃げ回る生き方を選択する
人のことをサゲマンと
呼ぶのです。

もしも、あなたの人生が辛い状況にあるとしたら、
それはチャンスです。

アゲマンとサゲマン、どちらの生き方も選べる
人生の岐路に立たされているからです。

泣き言を言いながら、嵐が過ぎ去るのを
じっと待つのも人生。

果敢に目の前のトラブルに立ち向かい、
自分を鍛える道を選び取るのも人生です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す