恐怖を味方に付ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「恐怖は味方でもあり、
敵でもある。
恐怖はイヤなものだが、
役にも立ってくれる。
恐怖を恥ずかしいと思わずに、
受け入れよう。
恐怖を感じなければ、
勇敢になることもできない。
勇気とは、恐怖に立ち向かう
ことだからだ。」

 

(ゲーリー・スペンス 弁護士)

                   

 

「怖れ知らず」という言葉を、
「勇敢である」という意味の褒め言葉
であると勘違いしてはいけません。

怖れを知らぬ者は、手に負えない強敵に出会うと、
為す術も無く叩きつぶされ再起不能にされます。

むしろ、賢く生き残るためには「臆病」
であるべきです。

しかし、臆病なだけではただ萎縮してしまうだけで、
何事も為すこと無く人生の幕を閉じてしまいます。

本当の勇敢さとは、臆病な人間が恐怖を
真正面から受容し、それでも前に進もうと
決意することです。

普通の人なら尻込みするほどの恐怖に、
それでも立ち向かおうとするからこそ、
勇気が磨かれていくのです。

アタマが弱い猪武者がイチかバチかで
猪突猛進するのはだたの「蛮勇」であって、
真の勇気とは似て非なるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す