抽象的な悩みは細分化して具体化せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大きな問題に直面したときは、
その問題を一度に解決しよう
とはせずに問題を細分化し、
その1つ1つを解決するように
しなさい。」

 

(アンドリュー・カーネギー 実業家)

 

人生が大きなカベにぶつかったときには、
その実態把握に努めることです。

私たちが抱える悩みの多くは、
その実態がつかめていないことに
端を発します。

なぜなら、目の前のトラブルに対して
「何をしたらいいか分からない」というのが、
その悩みの本質に他ならないからです。

つまり、目の前のトラブルに対して
「何をすればいいか分かった」瞬間に、
その悩みは氷解してしまうのです。

まず、トラブルに直面したときにやるべきことは、
悩みに感じていることを
洗いざらい紙に書き出してみることです。

すると、これまでの苦しみがウソのように、
頭の中がスッキリと整理されるはずです。

次に、紙に書き出したことについて、
すぐに実行できることから取り組むのです。

もしも、まだ何をしたらよいか分からないときには、
さらに具体的にやるべきことを細分化します。

コツは、どんなに小さくてもいいから、
最初の1歩を踏み出すことです。

たとえ、小さな1歩でも、その歩みを止めない限り、
いずれはゴールにたどり着くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す